ビジネスイメージ

業務領域を目的とした取り組みがいつの間にか、IT化を目的とするケースが散見されます。そうならぬよう、早い段階から業務を掌握した上での利活用性の高いIT化→システム化計画を立案させて頂いております。もちろん立案のみならず実行のご支援も全面的に実施しております。以下は、弊社が経験してきたよくあるシチュエーションです。

  1. 『IT部門は現業部門業務の理解が不足』と言われればそれ迄だが、IT部門業務を熟しつつ、現業部門業務の理解を深めることは現実的には難しい。
  2. 予算と時間を費やし、苦労の末に構築したITシステム。でもリリース後の利用状況は芳しくなく、期待効果も出ない。
  3. かと言って、IT化(システム化)に主眼を置くITベンダー/Sier では、IT化に偏ったシステム化計画になりがち。
  4. 結局、おざなりな要件確認にてシステム構築に傾倒し、業務部門との目的・趣旨とズレる。

単なる「業務要件/要求事項の確認」では無く、『何を獲得するのか』という目的と『何処までなら対応出来るのか』というバランスに着目した要求分析・要求定義、IT化要件整理を実施し、利活用性の高いIT化を支援します。

詳細
issue3

ITシステム構築に於いて処理手順や処理内容を明確化する事は重要ですが、これは『プログラム作成』上の重要事項であり、IT化 (ITシステム化)に於いては十分条件ではありません。

何より重要となる点は、「IT化により、どの様な効果を、どの様に獲得するのか」という点を要求側と確認・合意形成を図る事です。 そして「その効果をどの様に計るか」という効果測定(KPI)までが策定される事が理想です。

この合意形成内容に基づき、利用可能なリソース(ヒト・モノ・カネ・時間)と、利用条件(場所や利用者、時期など)や関連する 業務への影響度、連携事項(データなど)、全社IT基準(IT基盤条件やセキュリティ基準など)とのバランスを諮りつつ、スケジュール を考慮したシステム化計画(≒IT化構想)を策定します。

弊社ではこれ迄の御支援経験に基づき、案件内容や規模感に適したシステム化計画の立案を御支援致します。

サービス名                                                      サービス概要
IT化構想策定支援(要求整理支援)IT化を狙う業務事案を対象に、諸要求事項を整理・明確化し、個々のIT化機能要件定義では無く、対象事案の全体計画(詳細企画)策定を支援します。後段のシステム開発~導入工程の基礎情報が整備されます。
開発ベンダー選定支援- 上記サービス等により別途整理された「IT化事案の基礎情報」に基づき、顧客要望に見合う開発ベンダーの選定を支援します。提案依頼書(RFP)、提案評価要領、第三者視点によるベンダー評価支援を提供します。
要件定義 評価支援別途実施された「(ITシステム化)要件定義」結果に対し、後段の開発~導入工程を踏まえた視点より、不明瞭な事項、抜け漏れ、開発見積のブレを最小化する意味での準備(定義)不足事項を検証します。
tel_mail