エントリーする

社員紹介

社員インタビュー

マネージャとして入社

クライアントCIO業務を担う

今やっていること

グローバル企業にてシステム共通化プログラムのPgMOとして活動しています。プログラム配下では様々な業務領域に関するプロジェクトが存在し、主にプロジェクト組成判定や財務面監視・指導等に従事しています。
役割上、経営会議関連に関わることが多く非常に刺激的です。また、業務上、多岐にわたる知識や経験が求められます。
顧客貢献に立った視座・視点で自助努力して培ったキャリアが、現在の業務に役立っていると実感しています。

印象深いこと

One for all, All for one(一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために)を体現した会社であること。
当初、私は「コンサルティングのベンチャーだと少数精鋭で1人ひとりはガツガツしている」イメージを抱いていました。
しかしながら、代表を筆頭に社員全員が顧客の成長・社員の成長というコダワリに向けて助け合う、まさにOne for all, All for oneを体現している会社だと実感してます。

向いている人

コンサルティングに必要な知識・経験といったハード面、ヒューマンスキル・マインドといったソフト面で向き不向きあります。
その中でもソフト面で2点非常に大切だと考えていることがあります。
1点目は顧客やコダワリ社員(自身も含め)の成長への貢献意欲があること。これは会社のコンサルティングコンセプトに関わります。そしてもう一つは、自身に課題がある場合に素直に受入れ前に進む姿勢があること。
少数精鋭で1人ひとりが、長期にわたり共助成長するには非常に大切です。
なお、ハード面は大切ですが、情報を入手しやすい今日では、自助努力すれば身につき易いため、さして重要でないと考えます。