事業状況のリアルタイム把握、コンプライアンス遵守、社内管理レベルの向上 - 管理業務分野の向上を図ろうとするほど、業務現場への作業負荷を高め、現場に「受け入れられない」業務変更となりがちです。

これは人の個性が百人百葉である様に、業務現場で必要とされる機能や実施タイミングが「作業効率化に根ざした現場業務プロセス」となっているケースが多く、此処に新規の業務プロセスを「付加」することに起因するケースが散見されます。
弊社では業務タスクの目的と実施プロセスの明確化をベースに、業務改善の目的を最も現場負荷の少ないプロセスにて実現することを目指し、不要処理や重複業務の集約化を踏まえた『現場に受け入れられる』業務改善を支援します。

Difficult project

ドキュメンテーション支援系: 既存ドキュメント、及び各業務部門へのヒアリングを主体に実施

  • 現行(As-Is)業務体系 整理支援(業務体系図)
  • 現行(As-Is)業務プロセス 明確化支援(業務プロセス図:レベル別)
    ※「業務タスク + IT機能」(どの業務処理で、何のIT機能を利用しているか)レベルでの整理も可能。
  • 現行(As-Is)業務要件 整理支援(業務要件書:レベル別)

To-Be業務要件整備支援系

  • 業務タスク/プロセス最適化支援
    • 不要タスクの選定 (実施目的が不明、過去の慣習から継続しているだけのタスクなどの洗い出し)
    • 重複タスクの集約化検討(複数箇所で実施され、実施タイミング調整により集約可能なタスクの洗い出し)
    • 再構成プロセス案の策定(不要タスク排除、重複タスク集約化によるTo-Be業務プロセス案の策定)
  • 新規タスク導入支援
    • 新規タスク明確化(実施目的、対象者、必要タイミングの明確化)
    • 新規業務プロセス案の策定(個別新規タスク/既存タスク更新の方向性検討、To-Be業務プロセス案の策定)
      ※導入前提条件を加味した検討ベース(省力化、短時間化、自動化など)