ビジネスイメージ―スケジュール管理

プロジェクトが進んでいるものの、『何がどうなっているのか分からない』『プロジェクトの目的の認識がそろっていない』『課題が何かわからない』といったことをお客様からよく相談されます。

『見える化によるプロジェクト状態把握の改善』

システム化において良く見られるフレーズですが、実態はどうでしょう?「遅れている/進んでいる」状態や「課題が(幾つ)ある」等の状態は分かっても、その先に待つリスクや、「課題解決すると、何がどうなるのか」を把握出来ておらず、こんなはずではなかったという話が出てきます。マネジメントの語源は『創意工夫して、何とかする』ことと言われています。つまり「(計画に対して)有効な手当を行うこと」が出来て、マネジメントと言えるものと我々は考えており、この視点でのプロジェクト・マネジメント支援を通じ、「予測可能な着地点」へ導く支援を行います。

詳細
Issue5

IT化企画からシステム導入・展開までを一括請負するケースを除き、開発ベンダー(Sier)は基本的に『提示された要件に基づく システムを構築する』ことが役務であり、経産省より提示されている「モデル契約書」もこの考えに基づいて編纂されています。

従い、開発ベンダーの請負工程の期間に於けるプロジェクト管理も「開発者視点」からの管理・報告となりがちで、システム開発を 依頼した利用者側にとっては「現時点で何が動作するのか」「予定通りに利用出来るのか」等、利用者視点での現状把握が困難に なりがちです。 またシステム開発側にとっては当然の作業分担であっても、利用者側からすれば「急に言われても困る」対応要件となる事もあります。

弊社では開発側のみならず、ユーザ側作業を含む「プロジェクト全体」を対象とし、ユーザ側の満足度向上を意識したプロジェクト管理 支援を提供致します。

サービス名サービス概要
ユーザ側PM支援ユーザ側PMの補佐役として、開発ベンダーからの状況報告、ユーザ側の対応状況、計画済イベントを含むスケジュールに対する管理を主体としたプロジェクト管理支援を行います。
ユーザ側プロジェクトタスク遂行支援ITシステム構築プロジェクトに於いて、ユーザ担当として割り付けられた諸タスク(ドキュメント・レビュー、テストシナリオ準備、テスト実施など)の準備・実施支援を行います。
要件定義 評価支援実施したITシステム構築プロジェクトに関し、企画時想定と実施結果を比較・整理し、未到達部分や変更点を明確化し、実施結果から見込まれる期待効果の変化などを纏め、今後の改修検討の材料とします。
tel_mail